のんびりアラサーみるくのつぶやき

のんびりアラサーみるくの呟き。買ってよかった商品や株主優待でもらったものなんかを気まぐれに呟きます。

ひょんなことからクラブフロアデビューしたお話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

view raw

こんにちは。

私は割と前からブログとか書くのが好きでたぶんこれ5代目くらいのブログなんですね。

つい先日、5年位前のブログのアカウントを消すにあたって昔の記事を読見返していたら私の中でこれ消すのもったいないなという記事があったのでこちらに転載させてください笑

 

私がホテル贅沢を覚えたきっかけのお話です。

20代後半くらいのお話ー。

一緒に行った相手は当時は彼氏だった、今の旦那さんです。

1目的は劇団四季

 

この年はGW旅行に行けなかったんですよね。

なので近場で贅沢をするかと言うことで・・・

劇団四季を見るついでにリッツカールトン大阪に泊まろうかと言うことになりました。

こんな高級なホテルに泊まるのは初めて。

もちろん、普通の部屋を予約しました。(ってかクラブフロアというものすら知らなかった)

 

が。

 

ひょんなことからクラブフロアに泊まることになったのです。

 

f:id:milkmomo151:20200710131232j:image

 

2事件は起きた

まあこれに関してはリッツどころか他のホテルでもどーなん??って感じのことで。

私は結構はあああああああああ????????ってイライラしたんです。

 

それがですね。

 

彼氏がチェックイン手続き→私ロビーで待っている→案内あの人やってとチェックイン終わった彼氏に呼ばれとことこ行く

 

何故か荷物をもたないポーター→ってか既に持ってなんか別の親子と話している→「本当にこの人なの??」「この人って言われたよ」でも他の人と話してるしええホテルで荷物持たないっておかしいやろ(私の心の声)→で、そのポーターがどうぞって言うとその親子がついて行った→「え、本当にこの人?(2回目)他の人と話してるし違うでしょ」「え、でもこの人ってカウンターで言われたよ。一緒に案内するんじゃない(´∀`)?」

 

そんなわけあるか!!!!!!!!!!!!!

 

と言うことであってますよね??的な感じでポーターに話しかける。

(この時点ではまだロビー)

「(その親子の)お連れさまですか?」と聞かれ「いえ違います、ですが貴方に案内してもらうように言われたんですけれど」っと言うと「私、●●様を案内するようにとのことで・・・」でその親子が●●です、と言うとそのまま私らを置いて案内を続けていく・・・

 

 

はああああああああああああああああああ????

 

 

ちなみに私たちも●●なんですけど。

 

そう、同じ苗字だったんです!!!!!

 

でカウンターに行って確認。

彼氏が先程手続きしてくれたお姉さんに、違う人を連れて案内して行ったんですけど・・・って言うと ええっ( ゚д゚)!!! って本気でこんな顔されて。

と言うかこの時、ロビー全く混んでいなくてチェックイン私たちしかお客さんいなかったし私たちが自分の案内係間違えていたらすぐ正しい人が登場すると思うんですがもちろんそんな人もいません。

 

なんでやねん。

 

しばらくお待ちいただけますか、とソファーで5分ほど待つ。

 

おそらくことの経緯は

 

チェックイン手続き→ポーター登場→彼氏カウンターから少し離れたところの私を呼びにいく(言うても同じロビー)→ポーター彼氏の苗字を呼ぶ→同性のお客さんがそこにいく→遅れて私らが行く

 

かと。

 

特にイラッときたのがその間違えたやつ、こっちが聞いてるのに放置して案内続けるってどう言うことやねんって言うのもいらっ。普通、誰か他の人にでもフリませんか??

 

でソファーで待っていたら・・・偉そうなお兄さん登場。

 

「他のお客様を●●様の部屋に案内してしまったようで申し訳ございません」

「おとりになられていたお部屋よりも高さは一つ下になるのですが、より広いクラブフロアのお部屋に変更させてもらえないでしょうか」と。

 

私たち、クラブフロアではないけれど高層階の部屋をとっていたのです。

 

まあそんなこと言われてもイラっとはおさまりませんがとりあえずそれでついていく。

ちなみにエレベーター乗るまで私、クラブフロアって気付いていなかった。

と言うかクラブフロアを知らなかったもので・・・

 

ルームキーがないとエレベーター、泊まらないんですよ。クラブフロア・・・

エレベーターでその説明を受け、え、マジか。となる。

 

で連れて行かれた部屋、もちろん結構広い。

再度謝られ、クラブラウンジもご自由にお使いくださいとのこと。

そしてお兄さん部屋から出ていく。

まあ、私もあれですがこの時点でもそりゃ不快な想いしたからアップグレードくらい当然だろと思っていました笑

 

で彼氏と折角だしラウンジ行ってみる??(←2人もクラブラウンジ未経験)とか話しているとドアがノックされる。

 

開けると先程の偉いお兄さんが、もう一度謝罪をしウエルカムドリンクです、とドリンクを持ってきてくれました。

そして予約したプランがリッツのビールがついているプランだったのですがクラブラウンジはアルコールも無料ですので是非ご利用くださいと再度言われる。

 

あ、はい・・・・

 

いただいたジュースを飲み(シャンパングラスに入っていて気分が良い)じゃあ折角だし行ってみる?と言うことでラウンジに行くことにしました。

 

ラウンジに行くとたまたま、諸悪の根源の間違えた奴がいて(お客様を案内し終わったところみたい)私らを見かけると「あああっ!!!●●様先程は申し訳ございませんでした、こちらへどうぞ」とクラブラウンジの中の席へ案内してくれました。

 

ってか改めてみると結構鈍臭そうな奴だな・・・と言う印象でした。

で。

この時間はアフタヌーンティー。席に通されしばらくすると


f:id:milkmomo151:20200710131225p:image

ウエルカムドリンクのノンアルコールカクテルとアフタヌーンティーのお茶菓子が運ばれてきました。

 

今は、クラブフロアたまに行くので慣れましたが・・・

当時の私と彼氏はびっくり!!!

そのあともシャンパンや紅茶など飲み放題。

時間帯によってメニューも違うようでこれも利用仕放題と言われても・・・

申し訳なくて結局この時間しか行きませんでした笑

まあ劇団四季見に行くから時間がなかったのもあります。

 

とりあえず2人でテンションがすごく上がりました。

そして満喫後・・・・

本題の劇団四季が始まりそうなので一度部屋に戻ると机の上に

メッセージカードとチョコレートが・・・

 

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

あの間違えたやつからでした。

そしてこれがそのチョコ。

f:id:milkmomo151:20200710131222j:image

 

美味しかったですよ。

なんだかここくらいでイラっとが笑えてきてもうええかってなりました。

 

そして夜。

劇団四季を見て外でご飯を食べホテルに戻ると・・・・

ロビーで私たちを見かけたあの偉いお兄さんがすぐに出て来てくれ

「●●様、あの後お部屋にお伺いできておらず申し訳ございません。ご不便はないでしょうか?」と。

 

 

・・・・・・・・

 

 

ないです(p*'∀`*q)

 

そしてエレベーターまで見送ってくれました。

 

そしてなんやかんやと次の日。

気が引けてチェックアウトもラウンジではなく普通のところで。

また彼氏がてくれている間私はロビーで座って待っていました。

チェックアウトが終わって戻ってくる彼氏の片手にはリッツの紙袋。

 

え。

 

「なんか、もらった」

 

・・・・・・・・

 

チェックアウト、鍵を渡すとまず謝罪から始まり会計後これが出てきたらしい。

アスプレイのアメニティセット(部屋にあったものと同じやつ)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

フォローがすごい。

流石だ、と感心して帰ってきました。

もちろんミスは未だはあああって思いますが、その後のフォローがしっかりしているのでまたぜひ泊まりたいと思いました。

 

そしてその後実際、何度かお世話になっています。

 

本当嫌な想いを残さない接客でした。